3錠の白い薬

今も昔も存在している

必ず予防する必要がある

日本に昔から存在している病気であり、予防薬が浸透した今でも変わらず危険視されている病気といえばフィラリアですよね。
フィラリアは犬を飼うときに必ず予防しなくてはならない病気で、動物病院でも予防を呼びかけられている有名な病気です。
最近では犬だけでなく猫もフィラリアにかかってしまうことがあると判明し、フィラリアは犬だけでなく猫にとっても恐ろしい病気になっています。
放置していると犬の命を奪う病気でもあるため、フィラリアはハートガードプラスなどの予防薬を使って、しっかり予防していく必要があります。

しかし、最近ではフィラリア予防薬の危険性ばかりがインターネットで取り上げられており、フィラリア予防薬に対して勘違いや誤解をしている人が増えています。
その結果、フィラリア予防薬は与えないという人も増えてきており、ペットとして飼われている犬にとって非常に危険な状態になってきているといえます。
ハートガードプラスなどの予防薬の登場により、フィラリアで命を落とす犬の数がせっかく減ってきているのに、これでは意味がありません。
大切な家族であるペットをフィラリアから守るためにも、必ずハートガードプラスなどの予防薬を使って、フィラリアを予防するようにしましょう。

感染する可能性は高い

犬をペットとして飼っている人の中には、日本ではフィラリアに感染することはないと考えて、予防薬を使っていないという人も増えてきています。
確かに日本でフィラリアに感染し、命を落とすという犬は少なくなっています。
しかし、それは日本に生息している蚊でフィラリアを持った蚊がいなくなったというわけではなく、フィラリア自体はまだ存在しています。
そのため、身の回りでフィラリアに感染したペットの話を聞かない=日本のフィラリアが根絶されたというわけではないのです。

フィラリアは蚊によって運ばれる病気のため、感染するか否かは環境によっても左右されます。
たとえば田舎で暮らしているのなら蚊は多くなりますし、反対に都市部に近付けば蚊は少なくなります。
また、フィラリアは予防をせずに3年も経過すると約92%の確率で感染してしまうともいわれているため、たとえ蚊が少ない環境でも感染してしまう可能性は0ではありません。
予防をせずに1年経過するだけでも、約38%の可能性でフィラリアに感染してしまうため、日本ではフィラリアに感染してしまう可能性が高いといえるのです。
身の回りでフィラリアに感染した話を聞かないから予防をしなくても大丈夫だなんて安易に考えたりせず、しっかりハートガードプラスを使って予防をしていきましょう。

通販なら手軽に購入できる

以前まではハートガードプラスなどのフィラリア予防薬は、動物病院で処方してもらうしか入手方法がありませんでした。
しかし、現在の日本ではそんなことはなく、動物病院で処方してもらう以外にも通販を利用して購入するという方法を選ぶこともできるようになっています。
ペットの医薬品を通販で購入するというのは、なんだか不思議なように感じる人もいるかもしれませんが、通販を利用してペットの医薬品を購入する方法は多くの飼い主さんの間に広まってきています。
特に犬をペットとして飼っている人は通販を利用している人も多く、最初の一回は動物病院でハートガードプラスを処方してもらい、以降は通販で購入する人もいます。

通販でフィラリア予防薬を購入するのは飼い主さんにとってメリットが大きく、その中の一つとしてあげられるのが、価格が安くなることです。
ハートガードプラスは動物病院で処方してもらうと価格が高くなってしまいますし、診察費なども必要になってきてしまいますよね。
ですが、通販なら必要になるのはハートガードプラスを購入する代金だけで済みますし、肝心のハートガードプラスの値段もかなりの格安価格になります。
そのため、通販を利用すれば節約しながらペットのフィラリアを効果的に予防できるのです。
ハートガードプラスを通販で購入し、お得な思いをしながらペットのフィラリアを予防しましょう!